Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のフィッシングサイトやブランド悪用は減少 - フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、2008年11月のフィッシング情報の届け出状況について取りまとめ公表した。

11月のフィッシングメールの届け出件数は15件で前月より2件増加し、1年間の平均を上回る水準だった。一方でフィッシングメールやフィッシングサイトについては減少し、いずれも6件。ブランドが悪用された企業も前月の10件から半減し、5件だった。

英文のフィッシング攻撃としては、従来より発生している「Google AdWords」をはじめ、ドメイン登録事業者「Enom.com」や「PayPal」を偽装した攻撃が発生した。

また日本語による攻撃としては、「Yahoo! オークション」のほか、ジャックスやオリコなどクレジットカード会社を名乗り、キャッシング詐欺サイトへ誘導する手口が確認されている。

フィッシング対策協議会
http://www.antiphishing.jp/

(Security NEXT - 2009/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究