Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

効率よく脆弱性情報を検索できる「MyJVN」に英語版 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性情報を効率良く収集できるツール「MyJVN」の英語版を公開した。

「MyJVN」は、同機構が提供する脆弱性データベース「JVN iPedia」の情報を効率よく利用できるサービス。ベンダー名や製品名などによりフィルタリングを行うことができる。日本語版は2008年10月よりサービスの提供を開始しており、今回英語版を追加した。

すでに「JVN iPedia」では英語版の公開が開始されており、2008年12月末の時点で約400件の情報が登録されている。

IPAでは、今回のサービス提供により海外の製品開発者に対して日本国内の取り組みをアピール。海外開発者からの情報提供が増加することを期待しているという。

(Security NEXT - 2009/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
2017年秋期セキュマネ試験、合格率は50.4% - 非IT系企業がIT系企業上回る
仕様変更によるChrome警告表示に冷静な対応呼びかけ - IPA
「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に
「CRYPTRECシンポジウム2017」が12月に開催
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も