Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

効率よく脆弱性情報を検索できる「MyJVN」に英語版 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性情報を効率良く収集できるツール「MyJVN」の英語版を公開した。

「MyJVN」は、同機構が提供する脆弱性データベース「JVN iPedia」の情報を効率よく利用できるサービス。ベンダー名や製品名などによりフィルタリングを行うことができる。日本語版は2008年10月よりサービスの提供を開始しており、今回英語版を追加した。

すでに「JVN iPedia」では英語版の公開が開始されており、2008年12月末の時点で約400件の情報が登録されている。

IPAでは、今回のサービス提供により海外の製品開発者に対して日本国内の取り組みをアピール。海外開発者からの情報提供が増加することを期待しているという。

(Security NEXT - 2009/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
IPA、バグハンター向けに勉強会 - 発見や届け出のポイントなどを解説
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
不正送金マルウェア「Ursnif」の検出が急増 - コインマイナーは大幅減
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
2018年2Qの脆弱性届出は158件 - ソフトウェア関連が倍増
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減