Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2支店で顧客情報含む資料の紛失が判明 - 岐阜商工信用組合

岐阜商工信用組合の本荘支店および鷺山支店において、顧客情報1万995件が記載された資料が所在不明になっている。誤廃棄した可能性が高いとしている。

同組合によれば、本荘支店で所在不明になっているのはカードローンや保険ローン関係の資料や、融資残高明細表など14種類の資料。顧客9045人の個人情報が記載されている。また鷺山支店では、顧客情報1950件が記載された定期積金印鑑票や定期積金集金カードが所在不明となっている。

顧客の過去の取引について調査を進めていた際、その顧客の個人情報が記載された資料の紛失が発覚。これを受け、両支店で資料の保管状況を点検したところ、今回の紛失が判明したという。

不要書類とともに誤って廃棄された可能性が高く、情報が外部へ流出したおそれは低いと同組合では説明しており、専用の窓口を設置して、顧客からの問い合わせに対応している。

(Security NEXT - 2009/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
小中学校の心電図検診データを紛失、再検査を実施 - 青森県医師会
申請書などを保管期間満了前に誤廃棄 - 港区
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市
20年の保存期間が残存する倉庫関連登録書類を誤廃棄 - 国交省
市営住宅の家賃領収済み通知書を誤廃棄 - 下関市
阪神淡路大震災関連の寄託書類を誤廃棄 - 三菱倉庫
「自動車重量税納付書」を保管期限前に誤廃棄 - 国交省
自動車重量税納付書を誤廃棄 - 国交省