Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が顧客情報を持ち出して外部業者へ流出 - 情報商材業者

情報商材などを販売するダイレクト出版の元従業員が、同社が保有する顧客情報を不正に持ち出して外部業者に流出させていたことがわかった。

同社によれば、2009年1月9日退職予定だった従業員が不正に持ち出していたもので、2008年12月25日に問題が発覚。データが流出した一部顧客へ、身に覚えのない企業から営業の電話がかかってきたという。

不正に持ち出されたのは、同社から製品を購入したり、資料請求を行った顧客の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど。カード情報については別途管理されており、現段階で流出は確認されていないと同社では説明している。

また流出先となった5社については特定が済んでおり、データの売買について停止するよう依頼、約束を交わしたほか、データを購入した企業に対しても同様の依頼を行っているとしている。

同社では、警察へ被害を届け、経済産業省に事態を報告。さらに顧客情報を持ち出した従業員を2008年12月25日付で退職処分ととし、代表取締役社長や監督責任者について減俸の懲戒処分を行った。顧客に対しては窓口を設置して問い合わせに対応するほか、メールマガジン配信について一時自粛する。

(Security NEXT - 2009/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元従業員が取引先情報を無断持出 - システム開発会社
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
委託先従業員が顧客クレカを不正利用 - ビューカード
小学校4校の児童個人情報含むHDDを紛失 - 気を失った間に持ち去り
消防本部で高齢者世帯名簿を紛失 - 岐阜市
コインロッカー未施錠に気付かず個人情報盗難被害 - 堺市
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
日本年金機構職員が窃盗容疑で逮捕 - 個人情報を持ち出しで
保育所児童の個人情報含む資料が盗難 - 福岡市
元行員が大口預金者の個人情報を窃盗などの共犯者に漏洩か - 佐賀銀