Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が顧客情報を持ち出して外部業者へ流出 - 情報商材業者

情報商材などを販売するダイレクト出版の元従業員が、同社が保有する顧客情報を不正に持ち出して外部業者に流出させていたことがわかった。

同社によれば、2009年1月9日退職予定だった従業員が不正に持ち出していたもので、2008年12月25日に問題が発覚。データが流出した一部顧客へ、身に覚えのない企業から営業の電話がかかってきたという。

不正に持ち出されたのは、同社から製品を購入したり、資料請求を行った顧客の氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど。カード情報については別途管理されており、現段階で流出は確認されていないと同社では説明している。

また流出先となった5社については特定が済んでおり、データの売買について停止するよう依頼、約束を交わしたほか、データを購入した企業に対しても同様の依頼を行っているとしている。

同社では、警察へ被害を届け、経済産業省に事態を報告。さらに顧客情報を持ち出した従業員を2008年12月25日付で退職処分ととし、代表取締役社長や監督責任者について減俸の懲戒処分を行った。顧客に対しては窓口を設置して問い合わせに対応するほか、メールマガジン配信について一時自粛する。

(Security NEXT - 2009/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
業務データ持ち出し、教委職員を懲戒処分 - 美幌町
テレワーク目的で個人情報保存したUSBメモリを紛失 - 大阪府立高校
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
個人情報紛失で中学校教諭に戒告処分 - 福岡市
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
個人情報持出で元職員の賠償訴訟、議案可決 - 平塚市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福岡市
駐輪場で個人情報含む書類を紛失 - 大阪市