Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

指紋認証事業譲渡の基本合意を解消 - DDSとサイレックス

ディー・ディー・エスとサイレックス・テクノロジーは、11月6日にと締結した指紋認証事業の譲り受けの基本合意について解消したと発表した。

DDSでは、サイレックスのPC向け指紋認証ユニットや指紋認証ソフトや技術、営業権を取得、一方サイレックスでは、指紋認証関連機器のハードウェア生産に特化することで両社では連携強化を目指すとしていた。

DDSは今回の解消理由について、急激な経済環境の悪化を挙げ、事業譲受による効果を実現することが困難な情勢になると判断し、両者合意のもとで決定したとしている。

ディー・ディー・エス
http://www.dds.co.jp/

サイレックス・テクノロジー
http://www.silex.jp/

(Security NEXT - 2008/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意