Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タイムビジネス関連サービスの利用実態調査を開始 - 日本データ通信協会

日本データ通信協会は、タイムビジネス関連サービスの利用動向に関するアンケート調査をウェブサイト上で実施している。

同アンケートは、電子署名の長期利用や電子文書の長期保存について利用実態を把握するため、同協会が総務省の委託により実施するもの。具体的には、タイムスタンプをはじめ、時刻配信、時刻監査などタイムビジネスに関連したサービスの利用状況を尋ねる内容となっている。

アンケート調査の結果は、今後のタイムビジネスに関連した政策立案の基礎資料などへ活用される。実施期間は、12月24日から2009年1月30日まで。

(Security NEXT - 2008/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
富士通研、複数ブロックチェーンを接続する新技術 - トランザクション同期も
Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響
「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」の提供が再開
NRI、重要書類を電子化から保管まで支援するサービス
電気通信事業者向けサイバー攻撃対処のガイドラインを改訂
通信事業者によるC&Cサーバとの接続遮断 - 総務省がパブコメ実施
国内正規サイト経由の攻撃キャンペーンをFireEyeが報告 - Flashゼロデイ脆弱性を悪用
7月1日に「うるう秒」挿入 - システムトラブルに警戒を
ntpdに時刻同期不全となる脆弱性 - 中間者攻撃のおそれも