Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

健康相談サービスでアップ画像が外部から閲覧可能 - 外部指摘受け修正

オンライン健康相談サービス「DoctorsMe」を運営するアドメディカは、相談者がアップロードした画像が外部から閲覧可能な状態となっていたことを明らかにした。

同サービスは医師や薬剤師をはじめとする医療関係の専門家にオンラインで相談が行えるサービス。利用者が相談時にアップロードした画像が外部よりアクセスできる状態となっていたことが判明した。

画像のURLは、タイムスタンプとランダムな文字列を組み合わせたものを利用しているが、直接URLを指定することで第三者がアクセス可能だった。

センシティブな情報が閲覧できるとして海外メディアから指摘を受けた。URLを特定された経緯はわかっていない。画像を保管するクラウド上からのクローリングや総当り攻撃などの可能性があるという。

同社では、有効期限を指定した署名付きURLを使用し、投稿したユーザーのアカウントからのみ閲覧できるよう対策を講じているとしている。

(Security NEXT - 2022/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド保存した進路アンケートが生徒からも閲覧可能に - 都立中等学校
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学年全体のテスト結果を生徒がアプリ上から閲覧可能に - 大阪市
公開表計算ファイルから個人情報が閲覧可能に - 立命館APU
保健指導関連の個人情報がノーウェアランサム被害 - 千葉市
問合フォームより送信された資料が外部閲覧可能に - 充電池リサイクル団体
農業委員会の調査フォームに不備、個人情報が流出 - 大阪府
最大888社のPマーク審査関連資料が流出した可能性 - 複数ランサムの痕跡も
転職情報サイトで不具合 - 直近勤務先から登録情報が閲覧可能に
フォーム設定ミス、学園祭イベントの参加者情報が流出 - 東京医科歯科大