Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコー・ヒューマン・クリエイツがプライバシーマーク審査員研修機関に認定

日本情報処理開発協会(JIPDEC)は、リコー・ヒューマン・クリエイツを「プライバシーマーク審査員研修機関」として認定した。

同協会では、運営するプライバシーマーク制度において「プライバシーマーク審査員研修機関認定制度」を創設し、2008年9月1日より研修機関を募集。申請があった同社に対し、プライバシーマーク制度委員会の審議を経て認定した。民間による取得は同社が初めて。

認定期間は、2008年11月27日から2年間で、新たにプライバシーマーク審査員補の候補者や、すでに活動している審査員の資格維持に必要な研修を提供する。

(Security NEXT - 2008/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件
Pマーク制度とPIPA制度の相互承認プログラムが終了
Pマーク事業者に関する苦情や相談、2015年度は329件
2015年度はPマーク事業者796社で1947件の個人情報関連事故
Pマーク事業者の個人情報関連事故は1646件 - 「紛失」が最多
ウェブサービスへの個人情報登録、信頼するポイント「会社名を知っている」が6割
半数がセキュリティ専門職の「採用計画なし」
不正アクセスやマルウェアによる個人情報漏洩を2割弱が経験
Pマーク事業者の事故、年間1627件 - プログラムミスは74件
プライバシーマークの標語募集、締切迫る