Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス「オートラン」は日本含むアジア地域でまん延 - マカフィー調べ

マカフィーは、同社データセンターで2008年11月に観測したウイルスや不正プログラムの状況を取りまとめ、公表した。

同社によれば、11月のランキング上位は、ウイルス、不審なプログラム、いずれも「Generic」として検知されるものが増加しており、ランクに大きな変化はなかった。

またオートラン機能を利用し、オンラインゲームのアカウントを盗む不正プログラム「Generic!atr」「Generic PWS.ak」「Generic PWS.y」「PWS-Gamina.gen.a」も多数検出されており、日本国内だけでなくアジア地域でも同様の傾向が見られたという。

また、日本をはじめワールドワイドでスパムメールを配信している「GenericMalware.!a.zip」「Spy-Agent.bv.dldr」が確認された。そのほか同社が発表した検知マシン数のトップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:Generic Malware.a!zip
2位:Generic!atr
3位:Generic.dx
4位:Generic PWS.ak
5位:PWS-Gamania.gen.a
6位:Downloader-UA
7位:Generic Spy.e
8位:Generic PWS.y
9位:Generic Downloader.x
10位:Spy-Agent.bv.dldr

不審なプログラム(PUP)

1位:Generic PUP.x
2位:RemAdm-VNCView
3位:Adware-OptServe
4位:Generic PUP.d
5位:Generic PUP.z
6位:RemAdm-VNC 916
7位:Generic PUP.g
8位:Exploit-MIME.gen.c
9位:Adware-Softomate.dll
10位:RemAdm-TightVNC

(Security NEXT - 2008/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく