Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正利用など防止するウェブアクセス制御サービス「セキュアプロキシ」を開始

ソフトバンクテレコムは、従業員によるインターネットへのアクセス状況を監視、制御できるサービス「セキュアプロキシ」の提供を開始した。

同サービスは、組織内部からウェブサイトやFTPへのアクセス状況を集中管理し、ポリシーに沿ったアクセス制限を行うことができるセキュリティソリューション。同社のICTプラットフォームサービス「ULTINA Security platform」において、「ウェブアクセス管理」のオプションサービスとして提供される。

アクセス状況を随時確認できるほか、URLのブラックリスト、ホワイトリストを設定することで、業務に関係ない私的利用の防止や、不正利用による情報漏洩のリスクの低減を実現する。また、アクセスログの収集や分析機能も搭載した。月額利用料は15万4350円から。

(Security NEXT - 2008/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品
ライムライト、DDoS対策サービスを強化
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン