Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正利用など防止するウェブアクセス制御サービス「セキュアプロキシ」を開始

ソフトバンクテレコムは、従業員によるインターネットへのアクセス状況を監視、制御できるサービス「セキュアプロキシ」の提供を開始した。

同サービスは、組織内部からウェブサイトやFTPへのアクセス状況を集中管理し、ポリシーに沿ったアクセス制限を行うことができるセキュリティソリューション。同社のICTプラットフォームサービス「ULTINA Security platform」において、「ウェブアクセス管理」のオプションサービスとして提供される。

アクセス状況を随時確認できるほか、URLのブラックリスト、ホワイトリストを設定することで、業務に関係ない私的利用の防止や、不正利用による情報漏洩のリスクの低減を実現する。また、アクセスログの収集や分析機能も搭載した。月額利用料は15万4350円から。

(Security NEXT - 2008/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
複数OSで利用環境分離する「Hysolate」 - アズジェント
セキュリティeラーニングをテレワーク支援で割引 - ラック
Boxにマルウェア検知機能 - サンドボックス解析なども搭載予定
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
Kaspersky、一部脅威インテリジェンスをオープンに
ドローンを妨害電波で不時着させるソリューション - カスペ
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減