Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む書類の誤送付や紛失など3件が発生 - 東京社会保険事務局

東京社会保険事務局は、国民健康保険料免除に関わる書類の紛失や、算定基礎届等用紙の誤送付など、管内で発生した個人情報に関わる事故3件を公表した。

同事務局によれば、今年6月に府中社会保険事務所で算定基礎届等用紙の誤送付が発生。健康保険の事業所に郵送する際、封筒と書類の組み合わせがずれた状態で封入したため、11事業所58人分の書類が誤って別の事業所に送付した。事業所からの指摘で判明したという。

また、5月17日に中野社会保険事務所の国民年金推進員が、「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」1件を紛失した。戸別訪問の途中で紛失したと見られている。

さらに6月14日には、武蔵野社会保険事務所の総合案内窓口において、相談者から提出された「国民年金保険料免除申請承認通知書」1件の紛失が発生している。いずれも捜索したが見つからず、警察へ紛失届を提出した。

(Security NEXT - 2008/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保険証情報19万人分を含むフロッピーやCDが所在不明 - 協会けんぽ
厚労省、日本年金機構問題で「検証参与」を任命
日本年金機構の個人情報漏洩に便乗する「個人情報削除詐欺」へ警戒を
GW直後より感染繰り返すも漏洩気が付かず - 日本年金機構
メールでマルウェア感染、個人情報約125万件が漏洩 - 日本年金機構
レセプトデータが記録されたFDを紛失 - 社会保険診療報酬支払基金
顧客情報約7万3000件含む明細表が所在不明 - 関西アーバン銀
再交付申請書のファックスを誤送信 - 全国健保協会
職員が個人情報含む被保険者名簿を受給者に流出、未だ返還されず - 日本年金機構
院内駐車場で車上荒らし、患者情報含むPCが盗難 - 社会保険中央総合病院