Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

被災労働者宛の健康管理手帳を誤送付 - 三重労働局

三重労働局において、被災労働者に対して送付した文書に誤送付が発生していたことがわかった。

同局によれば、労働基準部労災補償課が11月19日、被災労働者へ健康管理手帳を送付したが、送付した2件の中身が入れ替わったという。手帳には、氏名や生年月日、被災年月日、療養期間、被災時の所属事業場などが記載されている。

手帳を受け取った被災労働者の親族の指摘で送付ミスが判明し、同局では誤送付について事情を説明、謝罪した。またそれぞれの被災労働者より管理手帳を回収し、再度正しい手帳を交付している。

同局では今回の事故を受け、管理徹底を指導し、今後は手帳の送付時に複数の職員で確認を行うなど再発防止に取り組む。

三重労働局
http://www.mie.plb.go.jp/

(Security NEXT - 2008/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
Ciscoの複数ネットワーク管理製品に深刻な脆弱性 - 認証回避や遠隔操作のおそれ
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も