Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザー認証技術「OpenID」の普及を目指す団体が発足 - 32社が参加

ユーザー認証技術「OpenID」の普及を目指す「OpenIDファウンデーション・ジャパン」が設立された。

野村総合研究所や日本ベリサイン、シックス・アパートが発起人となり、米国に本部があるOpenID Foundationの日本支部として公認を受け、10月1日に日本法人として発足したもの。会員として国内企業計32社が参加し、東京大学大学院教授の須藤修氏、慶應義塾大学教授の國領二郎氏、中央大学大学院教授の杉浦宣彦氏がアドバイザーを務める。

同団体では、OpenID技術の日本語化やガイドラインの策定のほか、セミナーや講演会など普及啓発活動を展開していく計画で、実証実験や日本による追加仕様の検討なども予定しているという。

またアイデンティティ管理コミュニティ「リバティ・アライアンス」の日本SIGとパートナーシップを結び、規格の連携や相互運用についても検討していく。

(Security NEXT - 2008/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

認証標準「FIDO2」、製品を初認定 - 対応ブラウザも
政府、自治体のセキュリティポリシーGLを改正 - マイナンバー関連事務やネット接続を強靱化
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
富士通、マイナンバーカードを活用したボランティア管理の課題調査を実施
NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン」がスタート - 賛同企業も募集中