Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性や技術動向のレポート提供を開始 - IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、インターネットにおける技術動向やセキュリティ情報を取りまとめたレポート「Internet Infrastructure Review」の提供を開始した。

技術動向をはじめ、インシデントのサマリ、迷惑メールの動向など同社が収集した情報を取りまとめ、定期的に無料で公開するもの。年4回発行する季刊でVol. 1は10月7日に公開を開始した。

初回号では、フォーカスリサーチとして、被害が増えているSQLインジェクション攻撃や「Winny」や「Share」といったP2Pネットワークの話題、ウイルス感染につながる迷惑メールなどの話題を取り上げている。

(Security NEXT - 2008/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
日立ソ、エンドポイントにおけるインシデントの分析や復旧を支援
教員がレポートを回収後に紛失 - 首都大学東京
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
バリオセキュア、ウェブのセキュリティ診断サービスを開始
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
「Struts 2」に対する脆弱性攻撃が発生 - 3月の攻撃と類似点も