Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性や技術動向のレポート提供を開始 - IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、インターネットにおける技術動向やセキュリティ情報を取りまとめたレポート「Internet Infrastructure Review」の提供を開始した。

技術動向をはじめ、インシデントのサマリ、迷惑メールの動向など同社が収集した情報を取りまとめ、定期的に無料で公開するもの。年4回発行する季刊でVol. 1は10月7日に公開を開始した。

初回号では、フォーカスリサーチとして、被害が増えているSQLインジェクション攻撃や「Winny」や「Share」といったP2Pネットワークの話題、ウイルス感染につながる迷惑メールなどの話題を取り上げている。

(Security NEXT - 2008/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
ウェブサイト向けセキュリティ診断サービスのラインナップを強化 - EGセキュア
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
米政府、北朝鮮製の破壊型マルウェアの情報を公開 - Windows XP向け機能も
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ