Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性や技術動向のレポート提供を開始 - IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、インターネットにおける技術動向やセキュリティ情報を取りまとめたレポート「Internet Infrastructure Review」の提供を開始した。

技術動向をはじめ、インシデントのサマリ、迷惑メールの動向など同社が収集した情報を取りまとめ、定期的に無料で公開するもの。年4回発行する季刊でVol. 1は10月7日に公開を開始した。

初回号では、フォーカスリサーチとして、被害が増えているSQLインジェクション攻撃や「Winny」や「Share」といったP2Pネットワークの話題、ウイルス感染につながる迷惑メールなどの話題を取り上げている。

(Security NEXT - 2008/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
2018年下半期の捜査機関による開示要請は1725件、76%に対応 - LINE
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
CSIRT構築と平常時活動を支援するサービス - ソリトン
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
セキュリティチーム向けツール「Dradis」に脆弱性
ディープ、ダーク含むネット脅威情報の報告サービス - ラック
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加