Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性や技術動向のレポート提供を開始 - IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、インターネットにおける技術動向やセキュリティ情報を取りまとめたレポート「Internet Infrastructure Review」の提供を開始した。

技術動向をはじめ、インシデントのサマリ、迷惑メールの動向など同社が収集した情報を取りまとめ、定期的に無料で公開するもの。年4回発行する季刊でVol. 1は10月7日に公開を開始した。

初回号では、フォーカスリサーチとして、被害が増えているSQLインジェクション攻撃や「Winny」や「Share」といったP2Pネットワークの話題、ウイルス感染につながる迷惑メールなどの話題を取り上げている。

(Security NEXT - 2008/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ホスティングサービス上のWAF検知、約34%が「WordPress」狙い - SQLi攻撃目立つ
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
組織内部に潜伏する脅威を可視化するサービス - 日商エレ
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を