Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ワンクリック不正請求」の相談急増 - アラート無視でマルウェア感染も

情報処理推進機構(IPA)は、「ワンクリック不正請求」に対する相談件数の急増を受け、ユーザーへ注意喚起を行っている。

同機構によれば、「ワンクリック不正請求」に関する相談は今年3月から増加を始め、6月372件、7月457件、8月545件と3カ月連続で最多件数を更新している。

相談内容の多くは、アダルトサイトなどで動画を見ようと再生すると不正プログラムに感染し、請求書などがデスクトップに繰り返し表示されるというもの。不正プログラムが感染するには、ダウンロードの実施などセキュリティの警告画面が複数回にわたり表示されるが、警告を無視したことにより感染する被害があとを絶たないという。

同機構では有効な対策としてアダルトサイトにアクセスしないことを挙げているが、芸能人やアニメの情報サイト、ゲーム攻略サイトなど一般のサイトからアダルトサイトへ誘導されるケースも確認されており、他ジャンルのサイト閲覧時にも注意が必要となっている。

請求書が表示された場合には、パソコンを再起動して再び請求書が表示されるか確かめる。再起動後も表示される場合にはシステムの復元か初期化を行って、正常な状態に戻す必要がある。慌てて請求書の連絡先に問い合わせしたり、金銭を振り込んだりしないよう注意を促している。

(Security NEXT - 2008/09/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍