Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OS用のファイアウォールを搭載したZoneAlarmの最新版

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、セキュリティ対策ソフト「ZoneAlarm Internet Security Suite 8.0」をリリースした。

同製品は、ウイルスやスパイ対策機能、ファイアウォール、個人情報の保護機能などを備えたコンシューマー向けセキュリティ対策製品。最新版では、システム起動時の保護機能を搭載。「OSFirewall」により、OSへ攻撃を行うrootkitから保護することができる。またウイルススキャンのパフォーマンスを向上させたという。

さらにワンクリックで設定が行えるなどシンプルなユーザーインタフェースを採用。個人情報の保護をサポートする「アイデンティティ・プロテクション・センター」や、日々の動作状況をレポートとしてモニタリングできる機能が追加されている。

同社では、ファイアウォール機能やスパイウェア対策に特化した「ZoneAlarm Pro」やウイルス対策ソフト「ZoneAlarm Antivirus」を同時に発表。3製品とも現在英語版が提供されており、日本語版の出荷も予定している。

(Security NEXT - 2008/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人向けESET製品でモニターキャンペーン
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応