Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OS用のファイアウォールを搭載したZoneAlarmの最新版

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、セキュリティ対策ソフト「ZoneAlarm Internet Security Suite 8.0」をリリースした。

同製品は、ウイルスやスパイ対策機能、ファイアウォール、個人情報の保護機能などを備えたコンシューマー向けセキュリティ対策製品。最新版では、システム起動時の保護機能を搭載。「OSFirewall」により、OSへ攻撃を行うrootkitから保護することができる。またウイルススキャンのパフォーマンスを向上させたという。

さらにワンクリックで設定が行えるなどシンプルなユーザーインタフェースを採用。個人情報の保護をサポートする「アイデンティティ・プロテクション・センター」や、日々の動作状況をレポートとしてモニタリングできる機能が追加されている。

同社では、ファイアウォール機能やスパイウェア対策に特化した「ZoneAlarm Pro」やウイルス対策ソフト「ZoneAlarm Antivirus」を同時に発表。3製品とも現在英語版が提供されており、日本語版の出荷も予定している。

(Security NEXT - 2008/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース