Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスター、専門家による研究会設立など携帯フィルタリングの利用促進に注力

ネットスターは、携帯フィルタリングの普及を目指し、専門家による研究会の設立や保護者や教員を対象とした啓発活動など、2008年度に実施する取り組みについて発表した。

同社では、従来より携帯電話事業者と連携しながら携帯電話のフィルタリングについて啓発活動を展開しているが、取り組みを強化することで、同サービスの認知にとどまらず、利用促進を進めるのが狙い。

7月末から「携帯フィルタリングのカテゴリ分類情報サイト」を開設してFAQを掲載。特定のURLがどのカテゴリに分類されるか確認できるようにした。また携帯フィルタリングの仕組みを解説したリーフレットを作成。保護者向けの啓発セミナーで配布する。

さらに地方自治体が行う指導者向け教育講座への協力や、家庭におけるインターネット利用状況の調査活動を実施。またヤフーと共同で研究会を立ち上げるなど学識経験者の研究活動支援などに力を入れていくという。

(Security NEXT - 2008/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス