Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

診断書など取り違えて患者へ送付 - 岐阜県総合医療センター

岐阜県総合医療センターにおいて診断書の誤送付事故が発生し、個人情報が流出したことがわかった。

8月18日に診断書や入通院の証明書を送付する際、2人の患者を取り違えて送付したもので、21日にミスが判明した。

誤って送付された診断書には、患者の氏名、住所、生年月日、性別、職業をはじめ、病歴や既往歴、家族構成、経過、処方内容、今後の治療方針などが記載されていた。一方、入通院の証明書については未開封のまま回収したという。

同院では、患者へ謝罪し、誤って送付した書類を回収。正しい書類を発行した。今後は書類を原則手渡しとし、郵送する場合には封入作業を複数で行うなど対策を実施し、再発防止を目指すとしている。

(Security NEXT - 2008/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
GWパンダ観覧券の一部で他当選者名を記載 - 上野動物園
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
一部学費請求書を誤送付、前年データ流用後に作業ミス - 横浜市立大
消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町
転居先住所を本人の意志に反して提供 - 仙台市
カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀