Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MySpace」などSNSを狙うワームに注意 - 友人のメッセージに見せかけ不正URL

Kaspersky Labs Japanは、SNSサイト「MySpace」や「Facebook」を悪用するワームが出回っているとして注意を呼びかけている。

今回同社が確認したのは、「MySpace」ユーザーを攻撃するワーム「Networm.Win32.Koobface.a」や「Facebook」を悪用する「Networm.Win32.Koobface.b」。いずれもボットネット構築するために配布されているという。

これらワームに感染すると、SNSを媒体として登録されている友人へ勝手にメールを送信したり、メッセージを書き込み、YouTubeと誤解させるURLへアクセスさせるという。URLでは「Flash Player」のアップデートが必要など説明しながら、実際はマルウェアをダウンロードさせようとするという。

Kasperskyでは、友人からのメッセージのためURLに対し不信感を持たずアクセスしてしまう可能性があるとして危険性を指摘。また現時点では「MySpace」「Facebook」を狙ったものに過ぎないとしながらも、ダウンロード機能を備えており、今後より悪質化するおそれがあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
JC3、マルウェア付きメールの送信日や件名を一覧化したページを公開
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
NTT東と楽天が協業、楽天市場の4.4万店向けにセキュリティサービス
「NTTコミュニケーションズ」のなりすましメールに注意 - 添付ファイルはマルウェア