Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生

新型コロナウイルスの集団感染が発生した大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」をはじめ、クルーズ船の運行サービスを手がけるPrincess Cruise Linesが、2019年に不正アクセスを受けていたことがわかった。顧客や従業員の個人情報が外部に流出した可能性がある。

同社によれば、同年4月11日から7月23日にかけて、複数同社従業員のメールアカウントが、外部より不正アクセスを受けたもので、顧客や従業員、乗組員の個人情報を窃取された可能性がある。

氏名や住所、社会保険番号、パスポート番号、運転免許証番号といった公的番号のほか、クレジットカード情報、金融機関の口座情報、健康に関する情報が含まれる。

2019年5月に同社ネットワーク内で不審な活動を認識。その後専門家をまじえて調査を進めたところ、外部より不正アクセスを受けていたことが判明した。悪用などの報告は受けていないという。

同社は顧客に対して謝罪。米国やカナダの移住者向けに対応についてアナウンスを行ったほか、その他地域の顧客に対しても、クレジットカードが不正に利用されていないか履歴を確認することや、個人情報を悪用した詐欺に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 石油販売会社
通販サイトでクレカ情報流出、リニューアル前に判明 - 化粧品会社
医療従事者向け求人サイトにサイバー攻撃 - 個人情報が流出
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
食品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
職員の複数アカウントに不正アクセス - 奈良県立医科大
複数アパレル通販サイトが不正アクセス被害 - 一部サイトの脆弱性から拡大
159サイトを運用するサーバに不正プログラム、CMSを侵害か - 山形大