Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想化環境にも対応するLinuxサーバ向けウイルス対策ソフト - HDE

HDEは、仮想化環境に対応したLinux向けウイルス対策ソフト「HDE Anti-Virus 5」を、8月8日から順次発売する。

同製品は、同社サーバ管理ソフト「HDE Controller」との連携が可能なウイルス対策ソフト。機能が異なる4製品を用意しており、ファイルの書き込みが行われるたびにリアルタイムでウイルスを検知する「同Realtime Scan」を皮切りに順次提供を開始する。

10月9日には、SMTPプロトコルに特化した「同SMTP Gateway」、およびスケジュールベースでのウイルススキャンを実行する「同for Server」を発売。さらに下半期には、メールやウェブ経由のウイルス侵入をゲートウェイ上でリアルタイムに防止する「同for Gateway」を投入する予定。

最新版ではRed Hat Enterprise Linux 5、およびCentOS 5に対応。またVMware ESX Server、VMware Serverなど仮想化環境でも利用できる。

(Security NEXT - 2008/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
カスペ、Linux向けセキュリティ対策製品に新版 - ブート領域やメモリ上のマルウェア検知が可能に
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
レノボ、OPSWATとサーバを組み合わせたソリューション
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも
日立システムズ、IoT機器へのサイバー攻撃を検知するサービス
「CentOS 5」の延命サービス - 2020年までパッチ提供
EOL迎える「RHEL5」「CentOS 5」利用者向けに移行支援 - HASHコンサル