Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想化環境にも対応するLinuxサーバ向けウイルス対策ソフト - HDE

HDEは、仮想化環境に対応したLinux向けウイルス対策ソフト「HDE Anti-Virus 5」を、8月8日から順次発売する。

同製品は、同社サーバ管理ソフト「HDE Controller」との連携が可能なウイルス対策ソフト。機能が異なる4製品を用意しており、ファイルの書き込みが行われるたびにリアルタイムでウイルスを検知する「同Realtime Scan」を皮切りに順次提供を開始する。

10月9日には、SMTPプロトコルに特化した「同SMTP Gateway」、およびスケジュールベースでのウイルススキャンを実行する「同for Server」を発売。さらに下半期には、メールやウェブ経由のウイルス侵入をゲートウェイ上でリアルタイムに防止する「同for Gateway」を投入する予定。

最新版ではRed Hat Enterprise Linux 5、およびCentOS 5に対応。またVMware ESX Server、VMware Serverなど仮想化環境でも利用できる。

(Security NEXT - 2008/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - アプリ異常動作を検知
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス