Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

視聴者向け案内メールの送信ミスでアドレスを流出 - TBS

TBSにおいて、番組関連イベントを案内するメールで視聴者のメールアドレスが流出したことがわかった。

誤送信が発生したのは、TBSが放映したテレビ番組「余命1カ月の花嫁」に関するシンポジウムの案内メール。

TBSテレビが、7月21日から22日にかけて同番組ホームページに感想を送った視聴者70人に送信した際、宛先を「CC」に記入して送信したため、アドレスが別の視聴者から確認できる状態となったという。

同局では、対象となる視聴者に対し、メールで説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

番組ガイドの配送リストを紛失 - ケーブルテレビ可児
顧客情報含む業務用携帯を紛失 - 中部ケーブルネットワーク
顧客リストを一時紛失、翌日回収 - 愛知県のケーブルテレビ会社
アポ取得の委託先が顧客情報を誤って他社へ報告 - 宮崎のCATV局
映画「おっさんずラブ」エキストラ応募者へのメールで誤送信
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
「J SPORTS」で不具合 - 本人以外の個人情報閲覧や操作が可能に
ドラマ「下町ロケット」エキストラのメアド流出 - TBS
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送