Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公募案内メールを送信ミス、メールアドレス454件が流出 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、公募応募者へメールを送信した際、ミスにより受信者のアドレスが流出したことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同機構が過去に実施した公募の応募者に対して送信した別の公募への参加を呼びかける案内メール。7月23日に送信した際、操作ミスにより受信者以外のメールアドレスが確認できる状態となり、454人分のメールアドレスが流出した。

同機構では関係者に対し謝罪するとともに、誤送信メールの削除を依頼。また再発防止策として、宛先が一定数を超えるメールに対し、送信を制限するシステムを、8月中旬までに導入するとしている。

(Security NEXT - 2008/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
メール誤送信で助成金交付団体のメアド流出 - 環境再生保全機構