Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公募案内メールを送信ミス、メールアドレス454件が流出 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、公募応募者へメールを送信した際、ミスにより受信者のアドレスが流出したことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、同機構が過去に実施した公募の応募者に対して送信した別の公募への参加を呼びかける案内メール。7月23日に送信した際、操作ミスにより受信者以外のメールアドレスが確認できる状態となり、454人分のメールアドレスが流出した。

同機構では関係者に対し謝罪するとともに、誤送信メールの削除を依頼。また再発防止策として、宛先が一定数を超えるメールに対し、送信を制限するシステムを、8月中旬までに導入するとしている。

(Security NEXT - 2008/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会