Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

多言語環境で暗号化に対応した情報漏洩防止製品の最新版 - ALSI

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、マルチロケーションへ対応した情報漏洩防止ソリューションの最新版「DocumentSecurity v3.5 SP1」を、7月31日より発売する。

同製品は、ドキュメントの暗号化やアクセス制限を行えるセキュリティソリューション。ドキュメントの作成から編集、保存、利用、破棄まで、ユーザーやグループ、ドキュメントごとに管理できる。日本語を含む7カ国8言語のOSに対応している。

最新版では、Unicodeに対応し、ファイルやフォルダパスに多言語を用いている場合も暗号化が可能となった。また自動暗号化フォルダが、Office2007拡張子や簡易暗号化をサポート。Active Directoryとの連携やマルチドメイン対応など機能が強化された。

同時に、ウェブからの申請ワークフローにより、承認された期間だけデバイス規制を解除して、暗号化されたセキュリティファイルを平文でリムーバブルディスクに書き出し可能にするオプション機能「DocumentSecurity WorkFlow」も発売される。

(Security NEXT - 2008/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業