Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3カ所のデータセンターによる多重バックアップにも対応する「Secure Back 3」

網屋は、組織内のサーバやクライアントPCのデータバックアップを一元管理できるソリューション「Secure Back 3」を発売した。3カ所のデータセンターへ転送、保存するオプションサービスも用意している。

同製品は、アール・アイが開発したバックアップソフトウェア。サーバへソフトをインストールすることにより、クライアントPCやサーバに保存されたデータを個別の鍵で暗号化し、バックアップすることが可能。ウェブベースのインタフェースから一元管理でき、設定変更やリストア履歴のログ管理が行える。

バックアップのスケジュール設定はもちろん、アイドル時やファイル更新時にバックアップすることも可能。バックアップは99世代まで対応し、個人ごとに復元できる。またオフラインで端末などを利用した場合についても、次回接続時にバックアップが自動的に行われる。

さらに同社では、国内データセンターへのバックアップするオプションサービスを用意。サーバからVPN経由で東京電力、NTTコミュニケーションズ、セコムトラストシステムズの各データセンターへ送信し、多重バックアップを行うことができる。

Secure Back 3

(Security NEXT - 2008/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic