Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「金融庁」騙るウェブサイトに注意 - 一部検索エンジンで上位表示も

金融庁は、同庁を騙るウェブサイトが確認されたとして注意を呼びかけた。

問題のサイトは「http://rknt.jp./?2kam」。貸金業者の情報を配信する携帯電話向けサイトと見られるが、ウェブサイトのタイトルを「金融庁」として、「金融庁は初心者の方から他社で借り入れがある方まで幅広くサポートします」などと紹介。さらに「大手金融庁」「裏系金融庁」「その他金融庁」などとして業者を紹介していた。

同サイト上では、すでに「金融庁」の記載は削除されているが、一部検索エンジン上では、「金融庁」をキーワードに上位へランキングされている。金融庁では、同サイトと一切関係ないとして注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2008/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple