Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師が患者情報保存したノートPCを紛失 - 滋賀県立成人病センター

滋賀県立成人病センターの医師が、7月5日に患者情報を保存したノートパソコンを紛失したことが明らかになった。

所在不明となっているパソコンに保存されていた個人情報は669人分で、論文を作成するためにパソコンを自宅へ持ち帰る際、京都市内で紛失したと見られている。氏名や、性別、生年月日、検査データなど含まれていた。

今回の紛失事故では、同医師が以前務めていた京都大学医学部付属病院の患者情報382人分が含まれていたことから、京大病院においても紛失の経緯について詳細な調査を行うとしている。

(Security NEXT - 2008/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

患者や研修医など個人情報5.7万件が所在不明 - 大崎市民病院
管理者パスワードを不正利用、人事資料閲覧で職員処分 - 八幡平市
決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
中学校で貸出データ含む図書室設置PCが盗難 - 名古屋市
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
患者の個人情報含むPCが院内で所在不明に - 山形県立中央病院
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高
クイズ当選者の個人情報含むPCを紛失 - 産経新聞
顧客や従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪急阪神HD子会社