Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師が患者情報保存したノートPCを紛失 - 滋賀県立成人病センター

滋賀県立成人病センターの医師が、7月5日に患者情報を保存したノートパソコンを紛失したことが明らかになった。

所在不明となっているパソコンに保存されていた個人情報は669人分で、論文を作成するためにパソコンを自宅へ持ち帰る際、京都市内で紛失したと見られている。氏名や、性別、生年月日、検査データなど含まれていた。

今回の紛失事故では、同医師が以前務めていた京都大学医学部付属病院の患者情報382人分が含まれていたことから、京大病院においても紛失の経緯について詳細な調査を行うとしている。

(Security NEXT - 2008/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール送信先ドメインの綴りにミス、ボランティア名簿が流出 - 宮城県
新サイトの案内メールを誤送信、メアドが流出 - PCジャングル
個人情報含むPCを都内で紛失 - 講談社
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪南大
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
顧客情報含むUSBメモリを電車内に置き忘れ - 銀座十字屋
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
PC出張サポート申込者の個人情報が閲覧可能に - ケーズデンキ
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省