Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師が患者情報保存したノートPCを紛失 - 滋賀県立成人病センター

滋賀県立成人病センターの医師が、7月5日に患者情報を保存したノートパソコンを紛失したことが明らかになった。

所在不明となっているパソコンに保存されていた個人情報は669人分で、論文を作成するためにパソコンを自宅へ持ち帰る際、京都市内で紛失したと見られている。氏名や、性別、生年月日、検査データなど含まれていた。

今回の紛失事故では、同医師が以前務めていた京都大学医学部付属病院の患者情報382人分が含まれていたことから、京大病院においても紛失の経緯について詳細な調査を行うとしている。

(Security NEXT - 2008/07/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA
自宅作業で県システムのPWをメール、送信先誤る - 佐賀県
職員室保管の個人情報入りPCが所在不明 - 埼玉県立高
山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画