Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム設計ミスで番組参加者の個人情報が流出 - 北陸朝日放送

北陸朝日放送は、携帯電話などを利用した視聴者参加番組において、一部視聴者の個人情報が流出したことを明らかにした。

事故が発生したのは、7月5日に放送したクイズ番組「全県民参加型クイズスタジアム 100万GOKUN!」。同番組では、携帯電話やパソコンを利用してクイズへ参加できる企画を実施したが、携帯電話向けシステムに、関係ない別の視聴者の個人情報が閲覧できる不具合があったという。他人の個人情報が表示されたとの視聴者の指摘で問題が発覚した。

今回問題が発生した携帯電話向けのシステムでは、利便性を考慮し、登録後は携帯電話の個体識別番号によりログインが行える「簡単ログイン」を用意。しかし、個体識別番号の桁数の取り扱いに問題があり、実際は異なる一部登録者の個体識別番号を同一番号として認識したことから事故に発展した。

同社の調査によれば、番号が重複したのは25組の端末で、25人の氏名、一部住所、電話番号、メールアドレス、性別などが閲覧できる状態となった。同局では25人に対し説明と謝罪を行い、「簡単ログイン」機能の利用を中止する。

(Security NEXT - 2008/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
退職時に事業ノウハウ持ち出した元従業員が書類送検 - KCCS
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
一部学費請求書を誤送付、前年データ流用後に作業ミス - 横浜市立大
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
タクシーポイントサービスで提供先以外から会員情報が閲覧可能に
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構