Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flash Playerの脆弱性を悪用するトロイの木馬が急増 - マカフィーレポート

マカフィーは、6月に同社が検知したウイルスや不審なプログラムなどの状況について取りまとめ、レポートを公表した。

全体的に前月と同様の傾向で、6月の検出状況は小幅な動きとなった。そのなかで目立ったのは、Flash Playerの脆弱性を悪用し、不正プログラムをダウンロードさせるトロイの木馬「Exploit-CVE2002-0071」で、検知マシン数では4位に、企業数では2位にランクインした。

また依然としてマルチメディアファイルを利用したトロイの木馬「Downloader-UA」がランキング上位に入っている。インターネット上の公開ファイルやスパムなどによって配布されている可能性があると同社では分析。コンテンツ実行時に表示されるポップアップやライセンス認証に注意するよう求めている。

同社が発表した検知マシン数のトップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:Generic!atr
2位:Downloader-UA
3位:Generic.dx
4位:Exploit-CVE2007-0071
5位:PWS-LegMir.gen.k.dll
6位:Exploit-ByteVerify
7位:VAnti
8位:Spy-Agent.bv.dldr
9位:Downloader-UA.h
10位:Generic PWS.y

不審なプログラム(PUP)

1位:Generic PUP.g
2位:Exploit-MIME.gen.c
3位:Adware-GAIN
4位:Adware-Baidu
5位:RemAdm-TightVNC
6位:Winfixer
7位:Generic PUP.e
8位:Adware-SaveNow
9位:Adware-GAIN.lnk
10位:Adware-BJCFD

(Security NEXT - 2008/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に