Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今度は「ミクシー」名乗る偽メール - 本物の招待状やURLに酷似

ミクシィは、同社SNSサービス「mixi」と誤解させる迷惑メールが発生しているとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、今回確認されたメールは、運営者やサービスを「ミクシー」と名乗るもので、「mixi」が発信する「招待状」に酷似した文面を利用し、URLについても類似しているという。同社では、こうした迷惑メールと一切関係なく、悪質な迷惑メールであるとして注意を呼びかけている。

同社サービスを偽装して、不正サイトのURLをクリックさせようとするフィッシングメールは、今までもたびたび発生しており、「ミクスィ」や「mixii」「mixy」「mixi(裏)運営事務局」など名乗るケースが確認されている。

(Security NEXT - 2008/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「招待制度廃止、新規登録受付」と個人情報入力させるmixi酷似の迷惑メールが発生
前例少ない携帯サイト狙いのフィッシングが年末より発生 - フィッシング対策協議会が注意喚起
冬休み狙い? mixi、GREE、モバゲーを騙るフィッシング - 空メールで性別も詐取
mixiでオンラインゲームユーザー狙うスパムコメントが多発、ウイルス感染の可能性も
「不具合出た。消去費用よこせ」 - mixi偽るフィッシングに注意
mixiのアカウント情報を詐取するフィッシングに注意 - ミクシィが呼びかけ
新サービスの試験運用などと偽るmixiのフィッシングメールに注意
突然「音信不通」も - mixiでチケットや商品販売の詐欺が横行
1月に最低水準だったフィッシング詐欺が再び増加 - 日本語サイトも複数出現
mixiの偽物「ミクスィ」にご用心