Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

mixiでオンラインゲームユーザー狙うスパムコメントが多発、ウイルス感染の可能性も

SNSサイト「mixi」のコミュニティのトピックや公開日記において、オンラインゲームユーザーを狙った不正投稿が発生しており、同サイトを運営するミクシィでは注意を呼びかけている。

同社によれば、問題の投稿においてURLをクリックしたり、ダウンロードしたZIPファイルを開くと、「Trojan.Win32.Inject.xvb」や「Trojan-Downloader.JS.Iframe.avu」などトロイの木馬に感染する可能性があるという。感染するとオンラインゲームやmixiのアカウント情報が盗まれるおそれがある。

不正投稿の多くはオンラインゲーム関連のコミュニティに単発トピックを作成したり、全体公開に設定されている日記のコメント欄に投稿されており、オンラインゲームに関連しているようなリンクに偽装しているほか、有名サイトに似せた紛らわしいURLや、末尾に「.zip」が含まれるURLとなっている。

同社では、スパム投稿について削除するなど対応を進めているが、不審な投稿については、URLをクリックしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」