Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

前例少ない携帯サイト狙いのフィッシングが年末より発生 - フィッシング対策協議会が注意喚起

フィッシング対策協議会は、SNSサイトを偽装し、携帯電話ユーザーから個人情報などを収集することを目的としたフィッシング攻撃が2009年末より発生しているとして、注意を呼びかけている。

見つかったフィッシングサイトは、いずれも「モバゲータウン」「mixi」「GREE」「ixen」など人気SNSサイトを偽装しており、メールアドレスの収集などに悪用されている。

「モバゲータウン」「mixi」「GREE」について同協議会では、稼働中のフィッシングサイトを発見したことから、2009年12月25日に注意喚起を行ったばかりだが、携帯サイトのフィッシングについて前例が少ないとして、年明け後の5日に再び注意を呼びかけた。

また「ixen」を騙った攻撃については5日の時点で稼働しており、サイトの閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼している。

(Security NEXT - 2010/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?