Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1月に最低水準だったフィッシング詐欺が再び増加 - 日本語サイトも複数出現

フィッシング対策協議会は、2月に国内で発生したフィッシング詐欺の状況をとりまとめ、公表した。

1月における同協会への届け出は4件と最低水準だったが、2月は7件増加して11件となった。フィッシングメールは前月の3倍となる9件、フィッシングサイトも3件から8件へと大幅に増加したものの、いずれも2007年平均より3件から5件少ない状況となっている。

一方で被害が目立ったのはブランドの悪用で、2007年末と同様に再び高い水準となり、過去1年を通じても2番目に多い7件を記録。なかでも金融業が5件と目立っており、「イーバンク銀行」や「PayPal」などが被害に遭っている。

また「Yahoo! JAPAN」や「mixi」を模倣したフィッシング詐欺サイトなど日本語によるフィッシング詐欺も増加傾向にあり、同協会では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装
りそな銀装うフィッシング - クレカ情報の入力求める
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
GMOあおぞらネット銀のフィッシング - 「確認しないと利用制限」と不安煽る
フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に