Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

冬休み狙い? mixi、GREE、モバゲーを騙るフィッシング - 空メールで性別も詐取

フィッシング対策協議会は、SNSサービスの「mixi」や「GREE」、携帯電話向けポータルサイト「モバゲータウン」を装ったフィッシングサイトを確認したとして注意喚起を行った。

SNSサイト「mixi」を騙った攻撃では、「招待制度廃止実験」などとし、ユーザーに空メールの送信を求め、返信メールに記載したURLで個人情報を詐取しようとする。

一方、GREEのフィッシングサイトでは、クリスマスキャンペーンなどとうその説明を行い、ポイントの提供をちらつかせて会員の確認を理由に空メールの送信を要求。返信メールに対して情報を記入させる。

「モバゲータウン」についても、「モバゲー換金ポイント3倍キャンペーン」などとし、プロフィールを登録するとポイントを提供するなどとだます手法。提供ポイントを換金できるなどとして登録を煽っている。

「mixi」や「GREE」の攻撃では、性別で空メールの送信先をわけているのが特徴で、空メールを送信した時点で、メールアドレスだけでなく、性別情報も詐取しようとするなど巧妙。

これらフィッシングサイトは、25日に同協会が確認しており、いずれも稼働中だったという。同協議会では閉鎖に向けて、JPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼している。

(Security NEXT - 2009/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装
りそな銀装うフィッシング - クレカ情報の入力求める
GMOあおぞらネット銀のフィッシング - 「確認しないと利用制限」と不安煽る
みずほ銀行装うフィッシングに注意 - 顧客情報の確認などとだます手口
国税庁を装うスミッシング - 税金の滞納あるとクレカ情報を要求
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装