Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Google AdWords」のフィッシング詐欺に注意 - 踏み台被害の可能性も

G DATA Softwareは、「Google AdWords」のアカウントを狙ったフィッシングメールへ注意を呼びかけた。

問題のフィッシングメールは、利用者のアカウント情報を詐取するため、不特定多数に「広告キャンペーンの支払いができない」といった内容のメールを送信し、ウェブサイト上でアカウントやパスワードを入力させようとしているもの。

メール内に記載されたリンクは、中国に設置されたフィッシングサイトへ誘引するもので、誤って情報を入力した場合、利用者が気が付かないうちに不正な広告を出稿されるなど被害にあうという。こうした不正な広告は、マルウェア配信サイトへの踏み台として利用され、被害の連鎖が発生する可能性もある。

G DATA Softwareでは、フィッシング詐欺の攻撃対象は銀行やクレジットカードなど直接金銭に関連するものだけではないと指摘。ログイン情報の入力についても細心の注意を払うよう警告している。

(Security NEXT - 2008/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple