Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、7月は「重要」4件のセキュリティパッチを公開予定 - 「緊急」含まず

マイクロソフトは、7月9日に公開を予定している月例セキュリティ更新プログラムの事前予告を行った。4件の公開が予定されているが、深刻度はいずれも「重要」で「緊急」は含まれていない。

「Windows」の脆弱性を解消するプログラムが2件で、外部からコードが実行される問題やなりすましの脆弱性へ対処する。

また「Windows」および「SQL Server」や「Windows Exchange」を対象とする更新プログラムがそれぞれ公開される予定で、いずれも特権の昇格に関する脆弱性を解消する予定。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知 - 2008年7月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-jul.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
Windowsの「Jet DBエンジン」にゼロデイ脆弱性 - 報告後120日経過、ZDIが公表
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
MS、「Foreshadow」対策でアドバイザリ - アップデートや追加対応策の実施を
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力