Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、7月は「重要」4件のセキュリティパッチを公開予定 - 「緊急」含まず

マイクロソフトは、7月9日に公開を予定している月例セキュリティ更新プログラムの事前予告を行った。4件の公開が予定されているが、深刻度はいずれも「重要」で「緊急」は含まれていない。

「Windows」の脆弱性を解消するプログラムが2件で、外部からコードが実行される問題やなりすましの脆弱性へ対処する。

また「Windows」および「SQL Server」や「Windows Exchange」を対象とする更新プログラムがそれぞれ公開される予定で、いずれも特権の昇格に関する脆弱性を解消する予定。

マイクロソフトセキュリティ情報の事前通知 - 2008年7月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-jul.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/07/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
MS、11月の定例パッチで53件の脆弱性を解消 - 一部脆弱性は公開済み
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
Windows、10月パッチで「KRACK」対応済み - MS「悪用可能性低い」
「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正
MS、10月の月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ攻撃確認済みの脆弱性も
「Office 2007」サポート終了まで3カ月 - 「Office for Mac 2011」もEOLへ
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
MS月例パッチで修正されたゼロデイ脆弱性、国家の諜報活動に悪用か