Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC内の個人情報を消去せず、別業務転用で流出 - 大分県委託先

大分県が情報処理業務を委託している大分交通において、パソコンの管理ミスから、同社が県から預かった個人情報2676件が外部へ流出したことがわかった。

今回の流出は、県から委託された業務に使用したパソコンを、データの削除を行わずに残存したまま別の業務へ利用したのが原因。同社が運営しているマンションの業務へ転用したことから、保存されていた個人情報が、マンション内の6世帯において閲覧可能となり、実際に2人がデータを閲覧した。

同パソコンには、同県の介護支援専門員2676人の氏名、住所、生年月日、登録番号、資格有効期間などが保存されており、同社では関係者に対し謝罪した。二次流出やデータの不正利用に関する報告は確認されていないという。

(Security NEXT - 2008/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
中学生自殺問題の報告資料で墨塗り処理にミス - 神戸市
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協
県立体育センターでメール誤送信 - 神奈川県
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市