Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、法人ライセンスプログラムを変更 - レピュテーション機能を標準搭載

トレンドマイクロは、法人向けライセンスプログラム「Trend Micro Reliable Security License」を、8月1日より開始する。

今回の法人向けライセンスの変更により、現行プログラム「License for Enterprise Information Security」でオプションとして提供しているレピュテーション機能を、主要製品には標準で同梱する。同機能により、サイトの信頼度を評価して不正なサイトへの接続をブロックすることができる。

また、他社製品から乗り換えた場合、現行は新規購入価格の40%引きで提供しているが、割引幅を50%へ拡大。そのほか、商品ラインナップや販売ルールなどよりシンプルなライセンス体系を目指した。現行プログラムについては、移行期間として9月30日まで提供する。

(Security NEXT - 2008/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
エンカレッジ、管理者アカウントの一元管理製品 - OTPの発行にも対応
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら