Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、法人ライセンスプログラムを変更 - レピュテーション機能を標準搭載

トレンドマイクロは、法人向けライセンスプログラム「Trend Micro Reliable Security License」を、8月1日より開始する。

今回の法人向けライセンスの変更により、現行プログラム「License for Enterprise Information Security」でオプションとして提供しているレピュテーション機能を、主要製品には標準で同梱する。同機能により、サイトの信頼度を評価して不正なサイトへの接続をブロックすることができる。

また、他社製品から乗り換えた場合、現行は新規購入価格の40%引きで提供しているが、割引幅を50%へ拡大。そのほか、商品ラインナップや販売ルールなどよりシンプルなライセンス体系を目指した。現行プログラムについては、移行期間として9月30日まで提供する。

(Security NEXT - 2008/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI