Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報漏洩対策機能を搭載した教職員向け統合ソフトが発売 - 「自宅作業にも配慮」

ジャストシステムは、情報漏洩対策機能を搭載した教職員向けの統合ソフト「ジャストスクール」シリーズを、7月17日より発売する。

同製品は、教材や校内文書の効率的な作成をサポートする教職員向け統合ソフト。ワープロソフト「一太郎」やプレゼンソフト、PDF文書作成ソフトを搭載している。

さらに、教育現場では、学校と自宅で作業することが多いとして、個人情報漏洩を防止するセキュリティ機能を新たに追加。一部保存領域の暗号化やファイルの完全消去、暗号化Zipファイルの作成が行えるセキュリティツール「セキュアマイフォルダ」を利用できる。

同機能では、フォルダ内のサムネイル表示やビューア表示のほか、頻繁に利用するファイルやフォルダの登録やファイルの検索にも対応した。

価格は、すべての機能を搭載したPremium版が2万1000円。セキュリティ対策機能やワープロソフトなどの基本機能のみのLight版が1万2600円。そのほかSuite版1万6800円やICT活用パック8400円なども用意されている。

(Security NEXT - 2008/06/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業