Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大分銀行で偽造カードによる不正引出 - 被害額は1300万円超

大分銀行において、偽造キャッシュカードを利用したと見られる預金の不正引き出しが発生した。被害額は1300万円を超えている。

5月30日から6月1日にかけて福岡県や佐賀県内のセブン銀行ATMにおいて不正引き出しが発生したもの。5月31日にセブン銀行から同行へ、複数枚のカードを利用する不審人物がいるとの連絡が入り、事件が発覚した。同行によれば、6月6日時点で犯行は51回に及び、顧客26人の口座で合わせて約1368万円の被害が発生している。

同行では、口座番号や生年月日などの情報が不正に取得され、偽造キャッシュカードに用いられた可能性が高いとして、原因を調べている。また今回被害に遭った顧客については、被害額全額を補償する方針。

同行は、当面の間は、セブン銀行ATMにおける1日あたり支払限度額を30万円に引き下げるなど、対応策を進めている。被害に遭った顧客の多くが、生年月日や電話番号などを暗証番号に設定していたことから、利用者に対し、推測しやすい暗証番号を使用しないよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
DNP、マイナンバーカードのデータ取得用ミドルウェアを開発
カード不要、指紋だけで本人認証するシステム - イオン銀が実証実験
約90秒でICキャッシュカードをセルフ発行できるシステム - 凸版印刷
年金機構便乗詐欺 - 電話だけでなくメールや書面にも警戒を
3Dプリンタを悪用する犯罪者 - スキミング装置など中国で量産か
ATM保守作業でカード情報を不正入手、偽造カードで被害 - 保守会社元従業員が逮捕
ネットバンクの不正引き出し被害が増加 - 平均被害額は127万円
NTTデータ、地銀共同センターのカード情報不正取得の調査結果を公表
新生銀ATMにスキミング機器、暗証番号も盗撮 - 海外で600万円以上の不正出金