Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀

セブン銀行は、口座開設の申込時に顧客より提供された一部画像が破損したことを明らかにした。情報流出については否定している。

同行によれば、1月17日0時半ごろに即時口座開設システムにおいて機器の障害が発生。即時口座開設サービスで申し込みを行った顧客の顔写真や本人確認書類画像の一部データが破損したという。

1月11日12時から翌12日16時にかけて口座開設を申し込んだ顧客のうち、障害発生時に処理が行われていた263人分のデータが不完全な状態に陥った。

同行ではデータの復元作業を進めてきたが、復元にはさらに長時間を要することが判明。同社では対象となる顧客に対し、再度手続きを要請することとし、手続きに向けて6月30日より対象となる顧客に書面を送付している。

また同行は、今回の障害にともなう情報流出の可能性について否定。キャッシュカードや口座、アプリの利用には影響ないとしている。

(Security NEXT - 2022/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

KDDI、通信障害の返金案内を開始 - 便乗フィッシングに注意を
難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局