Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住信SBIネット銀行の利用者狙うフィッシングに注意

住信SBIネット銀行の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認された。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

「口座が悪用された可能性がある」などと不安を煽り、「利用規約を満たしていることを確認するため」などと説明して偽サイトへ誘導するフィッシング攻撃が確認されたもの。

メールの本文には、「ログイン方法は少し尋常ではない」「アカウントおよび販売活動が停止される可能性がある」など、金融機関からの通知としては不自然な言い回しも見られる。

フィッシングサイトでは、ユーザーネームやログインパスワード、取引パスワード、キャッシュカードの暗証番号のほか、認証番号カードなどの情報も入力させようとしていた。

5月19日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
「JSAC2023」参加者登録がスタート - 一部講演内容も明らかに
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
地銀利用者を狙うフィッシング - 今度は「ちばぎん」偽装
Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会