Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

解約元帳やローン借入申込書など誤廃棄の可能性 - コザ信金

コザ信用金庫の宜野湾支店において、顧客情報が記載された書類の所在がわからなくなっている。廃棄業者に誤って引き渡した可能性が高いとしている。

同金庫によれば、2015年から2020年までの定期預金および定期積金解約元帳841件をはじめ、キャッシュカード発行管理簿209件、消費者ローン等借入申込書203件、普通預金解約元帳110件について誤廃棄したものとして報告した。

問題の書類には、氏名、住所、電話番号、生年月日、口座番号、契約金額、印影などが含まれる。内部監査により判明した。

同金庫では、これら書類を倉庫で常時施錠した状態で保管しており、廃棄業者に誤って書類を引き渡した可能性が高いと説明。今回の問題を受け、全店で保管状況の点検を実施するほか、職員教育の徹底して再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2023/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省
情セ大、「情報セキュリティ文化賞」の受賞者4名を発表
尼崎市、スマホ紛失の虚偽報告で懲戒処分 - 「USB紛失事案が頭をよぎり」
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム