Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「無料サイト」へ安易な個人情報提供に注意呼びかけ - 国民生活センター

国民生活センターは、個人情報を安易に登録し、出会い系サイト関連のトラブルへ巻き込まれるケースが増えているとして注意を呼びかけている。

全国の消費生活センターから寄せられた相談件数は、2004年度に約5万件へ達したがその後減少し、2006年度は約2万4000件と半減。しかし2007年度は再び上昇し、3万件に迫る勢いだったという。

同センターに寄せられた相談では、占いや着メロなどの無料サイトへ登録後、出会い系サイトへ登録を促すダイレクトメールが送られたり、実際に複数のサイトへ登録されるケースが発生。また懸賞サイトで当選賞品の受け取りの交換条件として出会い系サイトに登録を迫った事例もあった。

出会い系サイト内では、出会った相手が利用料を負担するとして近づき、サービスを利用させる手口が目立っており、結局支払いは行われず、料金が請求されるといった被害も複数あった。

さらに出会い系サイトを以前利用していたユーザーへ、覚えのない未払い料金が請求されたり、無料サイトを利用した際、同時登録となったレンタルサーバの料金が請求されるなど、架空請求とも思われる相談もあった。

同センターでは、「無料サイト」であっても安易に個人情報を提供せず、利用していないサービスに対する不当な請求へ支払わないよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2008/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
欧州委員会、日本の十分性認定を閣議決定 - 手続きを準備
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
読書感想文など「宿題完成品」の売買を禁止 - メルカリ
GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル