Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

情報セキュリティポスターや標語作品の募集がスタート - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、小中高生を対象に情報セキュリティを題材にした標語やポスターのコンクールを開催している。

同イベントは、若年層を対象とした情報セキュリティの啓発活動の一環として、同機構が韓国情報保護振興院(KISA)と共同で開催しているもので、今回で4回目。前回の第3回は、1606の作品が出品され、44作品が入選した。

今年度の表彰式は、10月下旬の「IPAフォーラム2008」にて開催する予定で、優秀作品には賞金が授与される。また入賞作品はサイト上で公開されるほか、韓国語に翻訳され、KISAにより発表される予定。

応募資格は、小学校から高校生までで、国籍は問わない。同機構サイトで配布している応募用紙に必要事項を記入の上、申し込む。応募受付は2008年9月10日まで。

(Security NEXT - 2008/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
フィッシングに注意を促すポスターや画像素材を公開 - JCCAら
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
政府がセキュ月間で「約ネバ」とタイアップ - 「抗え。この世界(インターネット)の脅威に。」
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
セキュリティ啓発ポスターのコンテストを開催
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
2月は「サイバーセキュリティ月間」 - 新版情報セキュリティハンドブックにアプリも