Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアドレス37件含む受信メールを誤ってメルマガ配信 - 島根県

島根県は、メールマガジンを配信する際、第三者のメールアドレス37件を含むメールを、誤って読者343人へ送信した。

誤送信が発生したのは、地方自治体や国関係者などを中心に会員343人へ林業や木材産業に関する情報を配信しているメールマガジン「しまねの森林」。

同県では5月26日に、読者の1人からメールアドレス37人分を含む同報メールを受信していたが、翌27日に担当者が誤ってその受信メールをメールマガジンの読者へ送信したため、メールアドレスが流出したという。

同県では、流出の対象となった関係者に説明と謝罪のメールを送信、さらに電話で謝罪した。また同メールを受け取った読者に対して、事情説明を行い、メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2008/06/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
確認のためメアドをメール本文に、そのまま誤送信 - 佐賀県