Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱UFJニコスやジャックスなども対応策明らかに - サウンドハウス問題

楽器通販サイト「サウンドハウス」が不正アクセスを受け、個人情報が漏洩した可能性が明らかになった問題で、三菱UFJニコスや三井住友VISAカード、ジャックスなども今後の対応について公表した。

いずれもすでに対応を明らかにしているJCBやオリコと同様、検知システムなど活用し、不正利用の監視を強化。今回の個人情報流出事故に起因した不正使用が発生した場合についても、利用者に負担が発生しないことを強調している。

また三井UFJニコスでは、心あたりがない請求が行われた場合、コールセンターへ連絡するよう呼びかけている。一方、ジャックスでは、4月8日付けでカードの差し替えに関する案内を関係者へ個別に送付する予定。

(Security NEXT - 2008/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
廃業した工具通販サイト、2017年にクレカ情報流出の可能性
市立図書館が個人情報含む予約カードを紛失 - 堺市
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
生徒の個人情報紛失が府立高2校で判明 - 大阪府
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
タクシーポイントサービスで提供先以外から会員情報が閲覧可能に