Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジャックス、顧客情報未開示が3630件 - マイクロフィルム2万枚見つかる

ジャックスは、一部顧客に対し、融資に関する取引履歴の一部が未開示となっていたと発表した。顧客3630人について、再計算が必要となる可能性があるという。

今回明らかになった問題は、2005年7月20日以降に開示請求を行った一部顧客に対し、同社が取引履歴の一部を未開示としていたもので、過払い利息の返還もれが発生している可能性がある。

従来同社では「1995年3月以前の貸金取引履歴の保存はない」と説明していたが、社内調査を実施したところ、予備用のマイクロフィルム2万4706枚が社内や業務委託先から発見された。

2007年1月に外業務委託先より存在している連絡を受けていたが、同年12月まで認識不足などにより対応が行われていなかったという。

同社では関連する顧客へ事情を説明した上で謝罪、取引履歴を開示した上で過払い利息を返還するとしている。

ジャックス
http://www.jaccs.co.jp/

(Security NEXT - 2008/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
富士通ら9社、情報銀行の実証実験 - パーソナルデータの対価に「FUJITSUコイン」
LINE、捜査機関に対する情報開示状況を公開
総務省、クラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を改定
複数脆弱性を解消した「WordPress 4.7.3」 - セキュリティ以外でも39件を修正
WordPress脆弱性狙う複数の攻撃キャンペーン - すでに数万件規模の被害か
公開済「WordPress 4.7.2」では深刻な脆弱性を修正 - 1週間遅れで情報開示
早急に「WordPress 4.7.2」へ更新を - 攻撃容易、改ざん被害も
「CS経営ガイドライン」に解説書 - 仮想事例で実践イメージ具体的に