Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向けフィルタリングソフトの情報漏洩対策機能を強化 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、情報漏洩対策機能を強化した法人向けURLフィルタリングソフト「Trend Micro InterScan WebManager 6.0」を4月14日より出荷開始する。

同製品は、不正コードの配布サイトやフィッシング詐欺サイトといった有害サイトをはじめ、業務に不要なサイトへのアクセスを制限する法人向けURLフィルタリングソフト。従来はデータベースにより書き込み規制サイトを管理していたが、最新版では、HTTPプロトコルを利用するすべてのウェブサイトに対して書き込み制限を適用できる。

また書き込みが許可した場合も、管理者が指定したキーワードを含む書き込みのみ制限をかけることが可能。ウェブサイトへのファイル送信を規制する機能も用意した。

さらにあたらしいカテゴリとして「SNS・ブログ」「動画配信」「翻訳サイト」を追加。レポート作成機能なども強化されている。不正キーワードを利用した検索サイトの利用についても制限できる。

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集