Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

再委託先が事務所荒らし被害で顧客情報盗まれる - 東京みどり農協

東京みどり農業協同組合は、業務の再委託先において顧客情報を紛失したと発表した。

同農協では、ガス工事について全国農業協同組合連合会へ業務を委託しているが、同連合会の再委託先であるトップワークが、2月9日未明に事務所荒らしの被害に遭い、個人情報を保存していたパソコンが何者かに盗まれたという。

持ち去られたパソコンには517人分の個人情報が保存されており、氏名や住所、工事に関する情報が含まれる。同農協では、被害を警察へ届け、関連する顧客へ謝罪や事情説明を行っている。

(Security NEXT - 2008/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策GLを策定 - 経産省
LINE海外法人の求人サイトに脆弱性、外部報告で判明 - 調査以外の形跡確認されず
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
MTAの「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートでコマンド実行のおそれ
「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起
不正ログインで狙われるゲームアカウント - RMTで換金
「SQLインジェクション」を多数観測 - CMSのDB狙う攻撃も
クラウドのセキュリティ状況を可視化するソリューション - チェック・ポイント
WP向け動画埋め込みプラグインに脆弱性
印影など含む振替払出書などを紛失 - ゆうちょ銀